Windows10にTomcat8をインストール

インストール

  1. ダウンロード
  2. 任意の場所に展開
  3. webapps以下のフォルダを削除(すべて削除)
    • docs, examples, host-manager, manager, ROOT

操作および設定

起動と停止の方法

  • bin\startup.bat
  • bin\shutdown.bat

ポート番号を変える

  • server.xmlの"Connector port=8080"の部分を修正

Windows10にJDK8をインストール

  1. Java SE Downloadsにアクセス  https://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html
  2. Java SE 8u191/Java SE 8u192 のJDK Downloadsをクリック
  3. ライセンス同意をチェックして、Windows x64のインストーラをダウンロード
  4. インストーラを実行
  5. 環境変数の設定
    • JAVA_HOME: C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_191
    • PATH: %JAVA_HOME%\bin
  6. java -version で確認

Zabbix4.0 with PostgreSQL

Zabbix4.0を構築する。 データベースには、PostgreSQLを使う。 社内および検証用のため、細かいチューニングやセキュリティは考慮しない。

環境

  • CentOS 7.5
  • PostgreSQL10.0.2
  • Zabbix 4.0
  • オンラインインストール
  • すべて1台に入れる

OS側の設定

  • 時刻同期
  • SELinuxの無効
  • Firewalldの停止

PostgreSQL10のインストール

リポジトリのインストール

# yum install https://download.postgresql.org/pub/repos/yum/10/redhat/rhel-7-x86_64/pgdg-centos10-10-2.noarch.rpm

PostgreSQLのクライアントとサーバーをインストール

# yum install postgresql10 postgresql10-server

環境変数の設定

# vi ~/.bashrc
//以下を追加
PATH=/usr/pgsql-10/bin:$PATH

# source ~/.bashrc

データベースクラスタの初期化

# postgresql-10-setup initdb
Initializing database ... OK

PostgreSQLサーバの自動起動有効&サービス起動

# systemctl enable postgresql-10
# systemctl start postgresql-10

postgresユーザのパスワード設定

# su - postgres
$ psql
postgres=# alter user postgres password 'postgres'

pg_hba.confの設定

$ vi $PGDATA/pg_hba.conf
//local、hostについて、METHODを"trust"に変更
local all all    trust
host all all 127.0.0.1/32 trust

リポジトリのオフ

# vi /etc/yum.repos.d/pgdg-10-centos.repo
enabled=1enabled=0

Zabbixのインストール

リポジトリのインストール

# rpm -ivh https://repo.zabbix.com/zabbix/4.0/rhel/7/x86_64/zabbix-release-4.0-1.el7.noarch.rpm
# yum-config-manager --enable rhel7-server-optional-rpms

Zabbixサーバとフロントエンドのインストール

# yum install zabbix-server-pgsql
# yum install zabbix-web-pgsql

PostgreSQLにzabbixユーザーを作成する

# su - postgres
$ createuser --pwprompt zabbix
パスワード: zabbix

zabbixのデータベースを作成する

$ createdb -O zabbix -E unicode -T template0 zabbix

zabbix用データベーススキーマの作成

$ zcat /usr/share/doc/zabbix-server-pgsql-4.0.0/create.sql.gz | psql -U zabbix zabbix

Zabbixサーバーの設定

# vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
//以下の設定であることを確認する
DBHost=
DBName=zabbix
DBUser=zabbix
DBPassword=zabbix

Zabbixサーバの自動起動有効&サービス起動

# systemctl enable zabbix-server
# systemctl start zabbix-server

Zabbixフロントエンドの設定

# vi /etc/httpd/conf.d/zabbix.conf
//以下のタイムゾーンのみ設定
php_value date.timezone Asia/Tokyo

HTTPサーバの自動起動有効&サービス起動

# systemctl enable httpd
# systemctl start httpd

Zabbix WebUIの設定

  1. http://{Zabbixサーバのアドレス}/zabbix にアクセス
  2. トップ画面で、次へ
  3. Check of pre-requisites画面で、次へ
  4. Configure DB connection画面で、Password: zabbix を入力(その他はデフォルトでよいはず)
  5. Zabbix server details画面で、Nameに任意の名前を入力して、次へ
    • このNameの値は、ブラウザのタブに表示される
  6. Pre-installation summary画面で、次へ
  7. Install画面で、successfully のメッセージが出れば成功、Finishをクリックして完了
  8. Zabbixのログイン画面が表示されるので、ユーザ名:Admin、パスワード:zabbixを入力して、ログインする

その他

途中、少しはまったのでメモ。

事象

  • WebUIの設定中に、DBに接続できない事象が発生
  • /var/log/zabbix/zabbix_server.logに、以下のメッセージが出力
cannot use database "zabbix": database is not a Zabbix database
query failed: [0] PGRES_FATAL_ERROR:ERROR: リレーション users への権限がありません

原因

  • zabbixのデータベースを作成する際に、-U zabbix とユーザを指定するのが必要でした。

Packerで使用するguest_os_typesをVirtualBoxのVBoxManageコマンドで確認する

PackerでVirtualBoxVMを作成するのに、Packerのテンプレート内でguest_os_typesを指定するが、 この値は、VBoxManageコマンドで確認することができるので、ちょっと調べてみました。

VBoxManageコマンドでのOSタイプの表示

> cd C:\Program Files\Oracle\VirtualBox\
> VBoxManage list ostypes

次のような形式で表示される。使用可能なパラメータがたくさん表示される。

ID: Other
Description: Other/Unknown
Family ID: Other
Family Desc: Other
64 bit: false

//RHELの64bit
ID: RedHat_64
Description: RedHat (64-bit)
Family ID: Linux
Family Desc: Linux
64 bit: true

...

VirtualBoxVM作成画面で表示される値

  • "タイプ"の項目が、"Family Desc"の値
  • "バージョン"の項目が、"Description"の値

Packerのguest_os_typesに指定する値

  • "ID"の値を指定する

IDのリスト

Packerを使う場合は、これらを、guest_os_typesに指定することになるだろう。

Windowsでダミーファイルを扱う

ダミーファイルの作成

> fsutil file createnew testfile 1073741824
  • fsutilの実行には、コマンドプロンプトを管理者権限で起動する必要がある。※PowerShellも同様。
  • testfile 作成するダミーファイルの名前
  • ファイルサイズの単位はバイト。1073741824 バイト = 1GB

ダミーファイルを大量に作成

> for /L %%i in (1,1,10000) do fsutil file createnew testfile_%%i.dat 1073741824

ダミーファイルを作って、ファイルをコピーする。また、タイムスタンプの追加、ログの出力を行うバッチ

[test.bat]

setlocal enabledelayedexpansion
echo "開始時間: !time!" >> test.log
for /L %%i in (1,1,10000) do echo !time! >> test.log & fsutil file createnew testfile_%%i.dat 1024 >> test.log & copy testfile_%%i.dat .\targetDir >> test.log
echo "終了時間: !time!" >> test.log
endlocal
  • 複数のコマンドは、「&」でつなぐ。
  • タイムスタンプの出力のために、遅延環境変数を使う。

実行

> .\test.bat > nul

Alexaがインターネットに接続できません

1か月ほど順調に動いていたAmazon Echo(以降、Alexa)ですが、今日突然つながらず・・・

「インターネットに接続できません。Alexaアプリで、ヘルプを確認してください」

と言われた。 Wi-Fiがちょっと不調だったので、その影響だろうと思いますが、以下で解決。

  1. ルーターを再起動

    http://192.168.1.1 で接続して再起動(アドレスはルーターごとに異なる)

  2. Alexaを再起動

    電源ケーブルを抜いて、3分後挿しなおす(すぐにでもいいと思いますが、なんとなく・・)

以上

※Alexa再起動だけではダメでした。ルーター側の問題だったようなので。