容量固定の仮想マシンを作成する

Hyper-V Server 2012R2上で、容量固定の仮想マシンを作成する手順をメモしておく。

Step1. 空の仮想マシンを作成

  1. Hyper-Vマネージャー上で、「新規」→「仮想マシン」を選択する。
  2. 「名前と場所の指定」画面で、仮想マシン名と、仮想マシン構成ファイルの格納先を指定する。
  3. 「世代の指定」画面で、仮想マシンの世代を選択する。
    ・第1世代: 従来のバージョンと同じ
    ・第2世代: 仮想ハードウェア構成が見直された新しい仮想マシン。使用可能なゲストに制限あり。
  4. 「メモリの割り当て」画面で、仮想マシンに割り当てるメモリ量を設定する。
  5. 「ネットワークの構成」画面で、仮想スイッチを選択する。
  6. 「仮想ハードディスクの接続」画面で、”後で仮想ハードディスクを接続する”を選択する。
  7. 最後に、完了を選択して、終了する。

 

Step2. 仮想ハードディスクの格納先ディレクトリを作成

  1. 空の仮想ハードディスクを作成する前に、格納先のディレクトリを作成する。
    仮想マシン名\Virtual Hard Disks

Step1で仮想ディスクを作っていないので、仮想マシンディレクトリ内にはVirtual Hard Disksは存在しません。

 

Step3. 容量固定の仮想ハードディスクの作成

  1. Hyper-Vマネージャ上で、「新規」→「ハードウェア」を選択する。
  2. 「ディスクフォーマットの選択」画面で、仮想ハードディスクのフォーマット形式を選択する。
    VHD  #従来の形式で、2040GB以下の仮想ハードディスクが作れる。第2世代仮想マシンでは使えない。
    ・VHDX #最大64TBの仮想ハードディスクが作れる。WS2012よりサポートなので、それ以前では使えない。
  3. 「ディスクの種類の選択」画面で、”容量固定”を選択する。
  4. 「名前と場所の指定」画面で、仮想ハードディスクの名前と場所を指定する。
    ・場所には、Step2 で作成した「仮想マシン名\Virtual Hard Disks」を選ぶ。
  5. 「ディスクの構成」画面で、「新しい空の仮想ハードディスクを作成する」を選択し、最大サイズを指定する。
  6. 最後に「完了」をクリックする。

 

Step4. 仮想マシンに仮想ハードディスクを接続

  1. 仮想マシンの設定を開き、IDEコントローラを追加する。
  2. IDEコントローラの参照先に、Step3で作成した仮想ハードディスクのパスを指定し、容量固定の仮想ハードディスクを接続する。

 

以上