Prometheus + Grafana

概要

前回、とりあえず動かせたPrometheusのインタフェースをGrafanaにしてみる。

  • Grafanaは、Prometheus本体があるサーバに入れる。
    • Grafana 6.6.2
  • Vagrantのポート転送で、ホストの3000ポートをゲストの3000ポートに転送するように設定しておく。(in Vagranfile)

Grafanaのインストール

Grafana公式を参考に実施 grafana.com

$ sudo vi /etc/yum.repos.d/grafana.repo

[grafana]
name=grafana
baseurl=https://packages.grafana.com/oss/rpm
repo_gpgcheck=1
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=https://packages.grafana.com/gpg.key
sslverify=1
sslcacert=/etc/pki/tls/certs/ca-bundle.crt


$ sudo yum install -y grafana
$ rpm -qa | grep grafana
grafana-6.6.2-1.x86_64
$ sudo systemctl daemon-reload
$ sudo systemctl start grafana-server
$ sudo systemctl status grafana-server
$ sudo systemctl enable grafana-server.service

Grafana + Prometheusの連携

  1. ホスト上で、Grafanaに接続(http://localhost:3000/
  2. ログイン(admin/admin)
  3. [Add data source]をクリック
  4. [Prometheus]を選択
  5. URL欄に「http://localhost:9090」を入力
    • prometheusの本体がある場所。同じサーバ内なので「localhost
    • prometheusのポートが「9090」
  6. [Save & Test]をクリックし、「Data source is working」と表示されることを確認する
  7. [Home]→[Import dashboard]をクリック
  8. "Grafana.com Dashboard"欄に、テンプレートのIDを入力
    • 「1860」
  9. "Options" -> "Prometheus"で、「Prometheus」を選択し、「Import」をクリック
  10. Dashboardが表示され、Prometheusが収集したデータが表示される。

f:id:belial6:20200225234855p:plain