Packerで使用するguest_os_typesをVirtualBoxのVBoxManageコマンドで確認する

PackerでVirtualBoxVMを作成するのに、Packerのテンプレート内でguest_os_typesを指定するが、 この値は、VBoxManageコマンドで確認することができるので、ちょっと調べてみました。

VBoxManageコマンドでのOSタイプの表示

> cd C:\Program Files\Oracle\VirtualBox\
> VBoxManage list ostypes

次のような形式で表示される。使用可能なパラメータがたくさん表示される。

ID: Other
Description: Other/Unknown
Family ID: Other
Family Desc: Other
64 bit: false

//RHELの64bit
ID: RedHat_64
Description: RedHat (64-bit)
Family ID: Linux
Family Desc: Linux
64 bit: true

...

VirtualBoxVM作成画面で表示される値

  • "タイプ"の項目が、"Family Desc"の値
  • "バージョン"の項目が、"Description"の値

Packerのguest_os_typesに指定する値

  • "ID"の値を指定する

IDのリスト

Packerを使う場合は、これらを、guest_os_typesに指定することになるだろう。