PrometheusでWindows機を監視する

概要

PrometheusでWindowsを監視する。

  • Windowsの監視には、WMI Exporterを使う。
    • WMI Exporterは、IISサイトやアプリケーション、ネットワークインタフェース、サービス、ローカルの温度などを監視できる(らしい)
  • 手元のホストのWindows10環境に入れる。つまり、ゲストのPrometheus本体から、ホストのWindows 10 Homeを監視するということ。

環境

  • 作業マシンはノートPC(Windows 10 Home)★今回の監視対象
    • wmi_exporter 0.9.0
  • Vagrant 2.2.5 + VirtualBox 5.2.8
  • VM1:Prometheus本体、CentOS7.7、Private NW: 192.168.33.10
    • prometheus 2.16.0

WMI Exporterのインストール

  1. WMI Exporterのサイトへアクセス github.com
  2. [releases]をクリックし、そこでインストーラを取得する。今回は、以下をダウンロード。
  3. インストーラを実行
  4. タスクマネージャを起動して、[wmi_exporter.exe]プロセスがいることを確認
  5. ブラウザで、http://localhost:9182/metrics にアクセスし、WMI Exporterでメトリクスを確認(ホストのノートPCに入れたのでそのまま見れる)

WMI ExporterとPrometheusを連携する

$ sudo vi prometheus.yml

   static_configs:
      - targets:
         - 'localhost9090'     // prometheus本体
         - '192.168.33.11:9100'   // vm2のnode exporter
         - '192.168.33.1:9182'    // ホストマシンのWMI Exporter

連携が成功すると、「http://localhost:9090」 の[Status]→[Targets]では、以下のように表示される。 1つ目は、停止中なので"DOWN"でok。2つ目がホストマシン。連携できているようだ。

f:id:belial6:20200226005501p:plain